格安の語学留学で誰でも気軽に英語を学ぶことができます!

講師はエリートだらけ

格安ながら、英語を教える講師はエリート揃いです。格安だからと、授業の質が落ちることは一切ないので安心して受けましょう。また、語学留学の費用を抑えるポイントについて下記にまとめています。

留学費用を安くする三つのポイント

アルファベット

割引キャンペーンを活用する

多くの場合、一週間単位で就学する期間を決定できますが、はじめから長期間コースに申し込むと割引が適用されることがあります。学費を浮かせたい人への朗報でしょう。他にも、1~2週間の授業料が無料になるなどお得なキャンペーンもあります。

生活費を見直す

留学にかかる費用を少しでも抑えるなら、生活費を削減することも頭に入れておきましょう。例えば、留学先でホームスティをする場合、家具家電はすでに揃っているので自身で買い集まる必要はありません。ただ、2食ついてくるので、留学費用は高めとなります。一方、シェアハウスを利用すると家賃を大幅に削減でき、さらには食費や交通費も自分で調節することが可能です。

航空券は早めに取る

日々変動する航空券の費用。特に利用者が多い夏場や年末は、普段より15%ほど値上がりします。この時期は留学に相応しくないので、できれば時期を外した方が無難でしょう。

格安の語学留学で誰でも気軽に英語を学ぶことができます!

国旗を持つ人

語学留学のための制度がある

学校に在籍する人に向けた奨学金というのが存在します。有名どころは、大学進学時にお世話になったなんて方もいるでしょう。応募要件を高めに設定していますが、バラエティ要素が濃く、手厚い支援が受けられるとして人気です。ゆくゆく海外へ移住したい場合にも、その方のための奨学金があるのでチェックしましょう。この場合、高い英語力が求められます。

アルファベット

0円で留学できる時代になった

英語を身近なものにするために、留学費用0円の学校が登場しています。格安な上に、本格的な英語が学べると日本人の間で話題となっています。金銭的に余裕がない学生を中心に広まりつつある留学方法で、ホテル代なしだと総額20万円前後と良心的な料金です。

英語

留学先を決める

語学留学を格安にするなら、人気の国よりアジアがいいでしょう。英語をよく使う国で3番目に入るところは、日本人留学生も非常に多く、普及率も5本の指に入ります。日本から近いので初めての留学に適しているでしょう。

英会話

見積もりをしよう

留学費用を格安に収める場合、様々な学校と比較することが大切です。専門サイトで学校を検索し、クリックするだけなので多くの学校と費用の比較ができるでしょう。サイトなら目的地から選ぶことも可能です。

相場のチェックを忘れずに!

語学留学といっても、国によって費用は違うので相場は必ずチェックしておくといいですよ。米国とアジアだったら、約10万円の差が生まれるので格安で挑むなら無視できません。